【活動報告:平成29年3月19日(日)「小さな命の意味を考える」講演会】

東日本大震災から6年。
石巻市立大川小学校で起きたことは、
1000年に一度と言われる大津波による被害であると同時に、
学校管理下にいた95%以上の児童、教職員が犠牲になるというかつて例のない出来事です。
これまで多くの報道、議論が続けられてきました。
遺族、学校関係者といった当事者だけではなく、多くの人々が受け止めきれず、疑問や迷いを抱いてます。
メディアや専門家の皆さんも同じです。
実際に何が起きて、どういう経緯があって、何が問題の本質なのか知りたいという声をたくさんいただき、今回の講演となりました。
会場の大田区消費者センターは100名以上の参加者でいっぱいとなりました。

今回は、内容を次のように区分して、経緯の説明と考察をお話ししました。
・事故の概要
・あの日に起きたこと
・事故に結びついたもの
・教育委員会の事後対応
・検証委員会
・伝承
・向き合い方、今後の方向性

質疑応答も活発に行われ、改めて関心の高さと、この問題の難しさを感じました。
また、当時、大川小で児童と一緒に犠牲になった先生の息子、佐々木奏太さんも参加し、これまでの想いと現在の活動について話をしてくれました。
彼は、いろいろと苦しんだ時期もあったようですが、現在は周りで心配するような「悲壮感」とか「痛々しさ」は感じません。
志をもった若者は、さわやか、かつ、しなやかなのです。
失われた命を無駄にしない
誰もが想いは同じです。
めざすべき方向性は同じだということを会場全体で確認することができました。
これからも今回のような場を作り、皆様とともに向き合っていきたいと考えています。
活動継続のため、クラウドファンディングへのご協力をお願いいたします。
ありがとうございました。
ご協力お願いします。
1489938248863 1489938252486

熊本義援金、ご協力ありがとうございました。

9月に熊本地震の義援金を、HP等で呼びかけさせていただいたところ多くの方からご協力が寄せられました。
皆様からお寄せいただいた義援金は、10月に熊本市教育委員会に、3月に益城町教育委員会にそれぞれ30,000円ずつお渡ししました。
地震から間もなく1年になりますが、現地の教育現場ではまだまだ多くの支援を必要としています。
これからもご支援よろしくお願いいたします。
masiki kumamoto

クラウドファンディングにご協力お願いいたします

KIDS NOW JAPANでは東京支部を中心に、「必ず来る想定外を生き抜く」をテーマに防災講座を開催しており、昨年は4回開催いたしました。今後も継続していくためにクラウドファンディングでのご協力をお願いしています。趣旨をご理解の上、一人でも多くの方にご協力いただけますようお願いいたします。
こちらです。
・・・・・・・・・・・・・・

キッズナウジャパン副代表の船津でございます。

平素は、キッズナウジャパンに対しまして、ご理解ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

⭕今回は、現在公開しているクラウドファンディングのご案内です。

この度、クラウドファンディングサービスのREADYFORで、「みんなで防災 必ず来る想定外を生き抜く」小さな命の意味を考察」と題したクラウドファンディングを開始しました!

クラウドファンディングというのは、インターネットを通じて、人々に比較的少額の資金提供を呼びかけるものです。
これから来る震災への認識を高めるため、皆様の温かいご支援お待ちしております!

↓こちらからどうぞ
2月20日~4月10日まで公開のURLです。

このURLをクリック頂き、もし、ご理解を頂けましたら、リターンの購入をお願いできれば幸いです。最後までご覧頂ければ、私達の活動がおわかり頂けると思います。

これから来る震災への認識を高めるため、また、防災意識の輪を広げていくためにも、皆様の温かいご支援お待ちしております!

キッズナウジャパン副代表
船津芳夫
20170319

平成29年3月19日㈰ 講演会「小さな命の意味を考える~大川小事故6年間の経緯と考察」ご案内

20170319
東日本大震災から6年になります。
あの日、何があったのか、今までどういう経緯があったのか
大川小学校で起きたことについて、ちゃんと知りたい
何が問題なのか、どう向き合っていくべきかを一緒に考えたい
全国の皆様方から、そのような声をいただきました。
昨年、遺構保存や裁判で話題になったこともあり、最近になって関心をもってくださった人もたくさんいます。
KIDS NOW JAPANでは、そのような状況をうけて講演会を計画しました。
今、あの日の校庭に目を凝らすことで
学ぶべきこと、未来に伝えるべきことが見えてくるはずです。
多くの方の参加をお待ちしています。
ちらしPDF

日時:2017年3月19日㈰13:45(受付13:15~)

会場:東京都大田区消費者生活センター 2F大集会室 
大田区蒲田5-13-26-101 (JR蒲田駅東口徒歩5分)

参加費:1,000円 (学生500円、中学生以下無料)

参加申込:3/16まで、電話かメールでお願いします

TEL 090-5634-6350
MAIL kids-now-japan-tokyo@docomo.ne.jp
kousya

活動報告 平成28年12月23日(金) 「みんなで防災~あの日を語ろう、未来を語ろう」

12月23日、東京文京シビックホールで「あの日を語ろう、未来を語ろう」を開催しました。今回もたくさんの皆さんにご参加いただき、たいへん有意義でした。
「あの日を語ろう、未来を語ろう」は、昨年の8月から、計4回東京で行いましたが、この取り組みがきっかけとなり「16歳の語り部」(ポプラ社)という本になり、それがまたきっかけになり、今年11月には世界津波の日高校生サミットで日本を代表してスピーチもしました。
いろんな機会とサポートを得て、成長してきた彼らの姿は目を見張るものがあります。そして、私たちにも多くの示唆を与えてくれます。
後半は、学生と大人に分かれてディスカッション。街づくりや被災地と未災地の連携など新たな視点からの意見も多く、盛り上がりました。大人の座談会では教職員の参加も多く、子ども達の心のケアや大川小学校の事故等について、踏み込んだ意見交換が行われました。
次回の企画は3月19日、東京大田区で、大川小学校の事故についての講演会を予定しています。詳しい内容が決まり次第HPおよびフェイスブックでお知らせします。
【参加者の声】
◆伝えることの意味を教わった
◆語り部の本を読んだが、生の声を聴けて良かった
◆自分に出来ることを考えていきたい
◆震災後の心の問題について考えさせられた
◆自分の地域を改善していきたい
◆心にふたをしてしまった子供が押しつけでなく、ふたを開けられるそういうNPOや行政の場を作り提供して欲しい
◆語り部を選んだ、また言葉を選んだ訳が身に沁みた
◆大学で震災復興のボランティアをしているので、防災のワークショップや語り部の講演など一緒に行いたい
◆クロスワード(防災ゲーム)を全国の主要都市で開催し,中継するような企画などはいかがでしょうか?
◆子供の防災教育プログラムを是非お願いしたい
◆敏郎先生の話の後、それについてのディスカッションも行いたかった
◆三重から来ました。今後、敏郎先生、高校生の話を三重でも聴きたい
◆大川小の教訓は、教員が自分の頭で考えるということにあると思うので、そのことを伝えていって欲しい
◆高校生の語り部、雁部さん、津田さん、相澤さんの3名の震災の体験を初めて聴講しました。3人の体験は、著書もあり理解はしていましたが、今日の説明で当時のより詳細の状況を理解することができました。
◆地震のあった彼らの5年生当時から6年生だったころの学級のみんなの様子もわかりました。
◆後半は学生と大人に分かれてのグループセッション。今日は小学生の方も参加されていて若いパワーをたくさんもらえた感じです。
◆重みのあるプレゼンで、彼らのアドバイスは私自身の心に深く刻まれました。
◆大人座談会は、敏郎先生を囲んで色々な立場の方達からの質疑に答えてくださり、時間はあっという間に過ぎてしまいました。
どちらも直接お話を伺うという機会がやはりどれだけ大切かを改めて感じられる時間になりました。ありがとうございました。
IMG_7985 IMG_7982 IMG_7980 IMG_7979 IMG_7956 IMG_7944 IMG_7927 IMG_7913 IMG_7924