平成27年3月14日㈯  皇居どんぐり苗植樹セレモニー 会場:メトロポリタン仙台

天皇陛下より賜った皇居のどんぐり苗を、国連世界防災会議に出席の海外の要人に植樹していただきました。
「海岸の被災地に植えていただきたい」という陛下のお言葉をうけ、各国大統領、大臣、大使の方々に仮植樹をしていただいた苗は、後日植えさせていただく計画です。
フランス大使館HP http://www.ambafrance-jp.org/article8700
産経ニュース http://www.sankei.com/life/news/150314/lif1503140041-n1.html
ミャンマーミクロネシア2ミクロネシアポルトガル1 - コピー

フランス2フランスフィリピン1 - コピーフィジー

カンボジアカザフスタンエクアドルイタリア

USAEU3EU2EU1

A87Y8525

平成27年3月14日㈯国連防災世界会議パブリックフォーラム 「小さな命の意味を考える~あの日の大川小学校の校庭から学ぶもの~」    仙台市市民活動サポートセンター

「あの日の校庭にみんなで集まる」というコンセプトの下、あの日の校庭で何が起き、何が問題で、何を未来への学びにすべきかを考えました。
大川小の映像を紹介した後、KIDS NOW JAPANの佐藤敏郎事務局長、スマートサバイバープロジェクト西條剛央代表が、事故の概要や今までの経緯、そして4年間行ってきた考察を報告しました。
続いて富山大学林准教授、東京大学纐纈教授がそれぞれの立場からコメント。最後は会場からの質問に答える形でディスカッションを行いました。
また、大川小事故の教訓をまとめたQ&A集、各分野の方からいただいたメッセージ集を作成し参加者に配布。関連記事や校舎の写真なども展示しました。
予想を大きく上回る入場者数で、この問題に対する関心の高さがうかがえました。
20150314foram120150314foram220150314sato220150314hayasi

20150314koketu20150314saijo220150314zentai

平成27年2月28日 ㈯ 「3.11に学ぶ」 佐藤敏郎先生講演会 東京都品川区大井町きゅりあんにて  協力/スマートサバイバープロジェクト

当日、72名の方にお集まり頂き、会場も熱気に溢れていました。
最初に長山代表より、現在のKIDS NOW JAPANの活動状況について話があり、その後、いよいよ佐藤先生の講演会が開始されました。
佐藤先生より、東日本大震災発生当時の状況、その後、ご自身の勤務する女川中学校の生徒達への心のケアとして始めた俳句作りについて、パワーポイントを使い、具体的に生徒達の俳句を紹介しながら、その時の状況をお話いただきました。生徒達の俳句が、時間の経過と共に、変わっていく様子に、心の成長が感じられ、震災に向き合い、苦難を乗り越えようとしている生徒達の姿勢に、涙する参加者も、多くいらっしゃいました。

続いて、「大川小学校で、震災時に何が起きたのか?」「何故、時間的にも、立地的にも避難する十分な余裕があったにもかかわらず、津波によって多くの子供達の尊い命が失われてしまったのか?」
の話に及ぶと、熱心にメモを取られる方も多く、その後のアンケートにも、「原因を知ることにより、色々な意味で、今後の学校防災についての提言になるのではないか。」と言う意見が多数寄せられていました。
20150228koen1 20150314foram1

平成27年1月17日㈯ 海を越えた交流

Skype にてアラスカの友人達と海岸漂着物に関する情報交換を行いました。最新の動きとして、アラスカ沖に漂着した「バレーボール」と「水筒」の持ち主が特定出来、海を越えた感動を共有しました。
この日は、3月に放映予定のドキュメンタリーの撮影も始まりました。
20150117ball 20150117suito