【活動報告:平成29年3月19日(日)「小さな命の意味を考える」講演会】

東日本大震災から6年。
石巻市立大川小学校で起きたことは、
1000年に一度と言われる大津波による被害であると同時に、
学校管理下にいた95%以上の児童、教職員が犠牲になるというかつて例のない出来事です。
これまで多くの報道、議論が続けられてきました。
遺族、学校関係者といった当事者だけではなく、多くの人々が受け止めきれず、疑問や迷いを抱いてます。
メディアや専門家の皆さんも同じです。
実際に何が起きて、どういう経緯があって、何が問題の本質なのか知りたいという声をたくさんいただき、今回の講演となりました。
会場の大田区消費者センターは100名以上の参加者でいっぱいとなりました。

今回は、内容を次のように区分して、経緯の説明と考察をお話ししました。
・事故の概要
・あの日に起きたこと
・事故に結びついたもの
・教育委員会の事後対応
・検証委員会
・伝承
・向き合い方、今後の方向性

質疑応答も活発に行われ、改めて関心の高さと、この問題の難しさを感じました。
また、当時、大川小で児童と一緒に犠牲になった先生の息子、佐々木奏太さんも参加し、これまでの想いと現在の活動について話をしてくれました。
彼は、いろいろと苦しんだ時期もあったようですが、現在は周りで心配するような「悲壮感」とか「痛々しさ」は感じません。
志をもった若者は、さわやか、かつ、しなやかなのです。
失われた命を無駄にしない
誰もが想いは同じです。
めざすべき方向性は同じだということを会場全体で確認することができました。
これからも今回のような場を作り、皆様とともに向き合っていきたいと考えています。
活動継続のため、クラウドファンディングへのご協力をお願いいたします。
ありがとうございました。
ご協力お願いします。
1489938248863 1489938252486

熊本義援金、ご協力ありがとうございました。

9月に熊本地震の義援金を、HP等で呼びかけさせていただいたところ多くの方からご協力が寄せられました。
皆様からお寄せいただいた義援金は、10月に熊本市教育委員会に、3月に益城町教育委員会にそれぞれ30,000円ずつお渡ししました。
地震から間もなく1年になりますが、現地の教育現場ではまだまだ多くの支援を必要としています。
これからもご支援よろしくお願いいたします。
masiki kumamoto

クラウドファンディングにご協力お願いいたします

KIDS NOW JAPANでは東京支部を中心に、「必ず来る想定外を生き抜く」をテーマに防災講座を開催しており、昨年は4回開催いたしました。今後も継続していくためにクラウドファンディングでのご協力をお願いしています。趣旨をご理解の上、一人でも多くの方にご協力いただけますようお願いいたします。
こちらです。
・・・・・・・・・・・・・・

キッズナウジャパン副代表の船津でございます。

平素は、キッズナウジャパンに対しまして、ご理解ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

⭕今回は、現在公開しているクラウドファンディングのご案内です。

この度、クラウドファンディングサービスのREADYFORで、「みんなで防災 必ず来る想定外を生き抜く」小さな命の意味を考察」と題したクラウドファンディングを開始しました!

クラウドファンディングというのは、インターネットを通じて、人々に比較的少額の資金提供を呼びかけるものです。
これから来る震災への認識を高めるため、皆様の温かいご支援お待ちしております!

↓こちらからどうぞ
2月20日~4月10日まで公開のURLです。

このURLをクリック頂き、もし、ご理解を頂けましたら、リターンの購入をお願いできれば幸いです。最後までご覧頂ければ、私達の活動がおわかり頂けると思います。

これから来る震災への認識を高めるため、また、防災意識の輪を広げていくためにも、皆様の温かいご支援お待ちしております!

キッズナウジャパン副代表
船津芳夫
20170319