平成30年3月24日㈯ みんなで防災「ずっと伝える、みんなで伝える」レポート

平成30年3月24日㈯ 東京大田区のライフコミュニティ西馬込を会場に「ずっと伝える、みんなで伝える~あの日の大川の校庭から」を開催しました。

KIDS NOW JAPANではこれまでも、東日本大震災で多くの児童・教職員が犠牲になった大川小学校について考える企画を続けてきました。今回は大川伝承の会共同代表の二人が参加し、「何が起きたのか、何が問題なのか」に加えて、これをどう伝え、何を遺していくかという「伝承」の部分も強調した内容となりました。

今回も様々な立場、世代の約90名が参加しましたが、質疑応答でも活発な意見交換があり、「命」を真ん中に、会場が一体となった会になりました。
あの日から7年が経ちました。大川小のこともそうですが、震災を伝承していく上での、地域や世代の垣根を超えたネットワークの構築も話題となりました。
KIDS NOW JAPANでは、多くの人が3.11に自分事として向き合えるような取組みを続けていきたいと考えています。
誠にありがとうございました。

【参加の皆様からの感想】
◆東京の公立学校で勤務しているので、学校でぜひお話ししていただきたい。
また教職員に話していただきたい。

◆何度も参加させて頂いておりますが、その度に参加して良かったと感じています。
鈴木さんがいらっしゃった今回は、より大川小のことを理解できたと思います。
やはり何回もお話を聞いて、それでもなお分からない点があって、だから私たちは「知る」必要があると感じています。

◆「なぜ伝承するのか」で、なさろうとする事がよくわかりました。
いつ起こるかわからない災害時に、すぐ動けるように、日頃の建前でなく行動を起こせるような自分にしたい。

◆大川小で亡くなった子どもたち、教員たちの命。なぜ亡くならなければ、深く考えさせられた。助かる命だったと私も思います。それが教員の仕事だと思います。
命を守る行動をとれる人になるために、自分で考え、おかしいことはおかしいと言える人にならなければいけないと思いました。

◆日々の防災意識と備えについて改めて反省しました。体験者の方の言葉は重い、説得力あると思いました。学校組織人として子どもを守る、輝かせる…言葉も突き刺さりました。大川小の学校という組織の判断と行動、考えさせられました。子どもも大人も同じ防災知識を!

◆被災地から未災地へ伝えていかなければなりません。

◆大川小学校の校歌のタイトルは『未来を拓く』です。
辛い中、お話しして下さるのは「仕方なかった」ことにしたくない。「想定外だった」からにしたくないからと活動を続けて下さっているからです。
千年に一度の前列がない学校管理下で起きてしまった事故…。
たくさんの失われた小さな命の意味が未来の意味づけへと会場の皆さんと共に願いました。

◆大川小学校は震災遺構に決まりました。学べる環境を作って残す。
50年後にここが何故残ったのかを伝えたいと今皆さんは色々な課題に向かい合われています。

◆防災とは大人も子どもも同じ立場になって、知らない大人が子どもを止めてはいけない。

◆いざと言う時に役立つ教育。一生涯かけて続けていく、ずっと学び続ける教育です。

◆大変貴重でみんなで考えるべきお話を直接聞かせて頂くことができました。とても良く組み立てられたお話で、わかりやすく、事実を明確に伝えて下さったのでとても良く伝わりました。
特に防災とはどういうものなのかということを、当事者の立場と言葉で真剣に伝えて下さいましたので、その必要性が深く記憶に残り、帰宅後、自身の防災の見直しをも行いました。

◆検証委員会のシステムにはとても残念に思います。守るのは立場でなく『命』です ‼️

◆失う前に気づく…。東北ができること。東北のためにできることです。

◆今回も貴重なお話しを伺い、たくさんのことを学ばせて頂きました。敏郎先生、鈴木さん、長田さん、スタッフの皆さんありがとうございました。また小学校へも寄らせて頂きます。