平成30年12月15日(土)あの日を語ろう、未来を語ろう レポート

KIDS NOW JAPAN主催(協力スマートサバイバープロジェクト)「あの日を語ろう、未来を語ろう」がライフコミュニティ西馬込を会場に開催され、約90名の方が参加しました。

今回登壇した若者は、多くの犠牲が出た石巻市大川小学校の卒業生只野哲也さん。
当時は5年生。大学生になりました。

あの日校庭で津波に襲われました。

あの日までの大川。豊かな自然に囲まれた、楽しい学校生活。
あの日、大津波警報が鳴り響く、寒い校庭で不安だった。
津波に飲まれて気を失った。
地域の人と山の中で過ごした極寒の夜、歯のガタガタがずっと止まらなかった。
波に飲まれたとき、靴も靴下も脱げて、翌日足を見てみたら、いっぱいトゲが刺さっていた。

他校の教室を間借りしての新学期。校長先生以外は全員知らない先生。
多くの友達もいない。前年までとはあまりに違う学校生活。
それでも「最上級生なんだ」と自分を奮い立たせて…。

大川小の校舎は、2016年3月、震災遺構として保存が決まりましたが、
多くの関係者がしり込みをして議論を避けている中、2013年11月、最初に発信したのは中学1年生の彼でした。
「思い出の詰まった母校を遺してほしい」「この校舎を見て命を考えてほしい」
それがきっかけで卒業生が加わり、6人で活動。最後は石巻市が保存を決めました。

強豪校で柔道一直線の高校時代を経て、今も時々現地での語り部活動をしています。
7年前のニュース映像を見ると、改めて時の流れを感じます。
あっという間のようで、こんなにいろんなことがあったのです。
 

後半は、ボランティアやスタディツアーで何度も東北に来ている首都圏の大学生二人とのトーク。
哲也から「私たちは、被災者、遺族なので、当事者として向き合っているけれど、皆さんが継続して東北に来ているのはどうしてですか?」という質問。

二人は「何度か来ているうちに現地の皆さんが好きになった。支援というより、その人たちに会うために来ている」「東北の災害の様子もだけど、魅力を多くの人に知ってほしい」
そして、「今日聞いた大川小学校のことも周りの人に伝えたい」と語りました。
誰もが「当事者」であり「語り部」なのです。

今回は、会場にも大学生が多く来ていました。
あの時、小中学生だった彼らは、3.11を未来につなぐアクセスポイントのような役割を果たす世代だと思います。

東日本大震災から8年が経とうとしています。

「風化」の正体は「無関心」です。
「無関心」は最初からそうなのではなく、目を背けることから始まります。
だから、誰か一人でも向き合い続けることで「風化」は防げるのです。

あの日の校庭を起点として、彼の目は未来を見据えています。
「隣にいる人が明日もいるとは限らない」
それは、体験する前に、失う前に気づくべきです。

望んでこの立場になったわけじゃない。
でも、自分の言葉がなにかのきっかけになるかもしれない。
知ることで未来は変えられます。あの日は、未来です。

参加およびご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
次回は3月16日(土)全国で防災ママカフェを開催しているかもんまゆさん(スマートサバイバープロジェクト)をお迎えします。どうぞご参加ください。
(詳細は後日お知らせします)
また、2月16日(土)に埼玉で只野哲也さんが参加する企画があります。くわしくはこちら

         

 

平成30年12月15日(土)「あの日を語ろう、未来を語ろう」のお知らせ

東日本大震災で大きな犠牲を出した宮城県石巻市の大川小学校。
現在も、国内外から訪れる人が後を絶ちません。
私たちは、あの出来事に、あの命に、未来につながる意味づけをしなければなりません。

今回の「みんなで防災」は、大川小学校の卒業生只野哲也さんが登壇します。
後半は、首都圏の大学生も参加し、座談会形式でのトークです。

あの日のこと、7年9カ月のこと、故郷、家族、友達、未来のこと。
一緒に語り、考えましょう。皆様の参加をお待ちしています。
昨年のレポート

日時  2018年 12月15日(土) 13:45~16:30  (受付13:15~)
会場  東京都大田区 ライフコミュニティ西馬込 特別研修室
太田区西馬込二丁目20-1 (TEL 03-3778-2581)
都営浅草線西馬込駅南口より徒歩1分
対象  誰でも参加できます(小学生以下は大人同伴)
参加費   1,000円(学生500円、小学生以下は無料)
申 込  KIDS NOW JAPAN東京支部 定員 90 名
TEL: 090-5634-6350
Mail : kids-now-japan-tokyo@docomo.ne.jp
学生の方は、校種をお知らせください。 例) 高校
フェイスブックのイベントページからも申し込めます。
申込〆切 12/12 (定員に達した場合、早まる場合があります)


チラシPDF

平成30年10月20日(土) 千年希望の丘の育樹活動を行いました。

10月20日㈯今年最後の育樹が行われました。
小学生、高校生、大学生、社会人、その他、12名で除草作業を行いました。
強い日差しがあったり小雨が降ったりと、移り気な天候の中で無事に作業を終了できました。

今年度も育樹活動のご支援を頂きましてありがとうございました。
苗木はすくすくと育っています。

来年もたくさんのご参加をお待ちしております。
       

平成30年10月20日(土)育樹ボランティア募集!

KIDS NOW JAPANでは、毎年5~10月に、岩沼千年希望の丘の育樹、植樹を行っています。
植樹した苗木は、小さい間(2,3年)は草取りなどの手入れが必要です。2,3年の間雑草に負けずに育てば、あとは自然に生長していきます。そして、豊かでたくましい森になり、何百年も何千年も命を守ります。
多くの皆様の参加をお待ちしています。
日 時  平成30年 10月20日 (土)
9:00~11:30 ※雨天決行、荒天中止
集合場所  岩沼千年希望の丘第1号丘付近 宮城県岩沼市下野郷浜
会場地図
作業内容 草取り、植樹、環境整備
持ち物  手袋、タオル、飲み物、帽子、
汚れてもいい服装、運動靴
◆ 参加は無料です。
◆ スコップ、移植ベラ等あればご持参ください。(なければ必要はありません)
◆ 学生で希望する方は「ボランティア活動証明書」を発行します。
◆ 申込みはKIDS NOW JAPAN事務所までお願いします。kidsnow.2012@gmail.com
◆ ボランティア保険に加入していない方はこちらでかけます(30円)。住所と電話番号を記入してください。
◆ KIDS NOW JAPANではこれ以外にも随時ボランティアを受け入れています。ご相談ください

平成30年9月23日㈰「みんなで防災~助かるために行動しよう」レポート

KIDS NOW JAPAN防災セミナー「みんなで防災」、
今回は「助かるために行動しよう」です。主婦防災士 長田 香さんを3年連続でお迎えしました。
今年も主に関東各地からたくさんの方に参加いただきました。
「初めて会う老若男女が協力し合う」非常時はまさにこういう状態です。
この空間にいるだけでも、その日のための学びになります。

メインは非常食の調理実習だと考えてはいけません。
まず助かることが大前提です。
災害から生き延びて、はじめて衣食住が必要になるのです。
調理の前に長田さんのトーク。地震のメカニズム、避難について、備えについて…。
難しいワードは一切なし。でも、ハッとさせられる内容に、大人はもちろん、小学生もじっと耳を傾けます。

災害時にできることは限りがあります。ですから、災害が起きるその前にできることは絶対すべきです。100円ショップで揃う防災グッズも見本市のように展示され、解説もありました。
また、合間にトイレの話もありました。3.11の時もトイレ問題は深刻でしたからね。

その後は、おなじみポリ袋調理。
メニューは「ごはん」「焼きそば」「蒸しパン」「松茸風味茶碗蒸し」
えっ、短時間でこんなに作るの?しかもポリ袋で?
ところが出来ちゃうんですよね。作業を進めながら、長田さんがテキパキと指示とアドバイスを出します。
常に進行形。どんどん進みます。一方で、安全、衛生に配慮したポイントも外さない!毎年感心します。
「ごはん」以外はすべて新メニュー。毎年参加している方にも新鮮です。

食器は広告紙で作成。
器具や食器を洗う必要もなく、後片付けもいたって簡単。どこも汚れません。
しかも、出来た料理はどれも美味。

今日からすぐ行動しよう、そんな気持ちになる時間になりました。
皆様、お疲れ様でした。次回もよろしくお願いします!長田さんの防災教室は来年も予定しています。

今回の内容のおさらいは、長田さんのブログ「おさかおの防災ネタ」にアップされています。

※次回「みんなで防災」は12月15日(土) 若者参加のトークを予定しています。
詳細が決まり次第お知らせします。